格安sim データ

格安simには、データ通信のみができるタイプもあります。

通話機能がなく、インターネット通信のみができるタイプ。

「ガラケーを持っているので、スマホ端末はメールやサイト閲覧ができればOK」といったときには、このデータ通信のみのSIMを選択するのでいいでしょう。

「通話はIP電話アプリのみで行う」といった人もデータ通信のみでOK。

●データ通信のみの格安sim
●データ通信+SMS機能付き
●データ通信+通話機能の格安sim(SMS機能も付いています)
の乗り換えは、同じ会社のサービスでも新しくSIMカードを発行する形となり、3,000円くらいの発行手数料が取られてしまったりするので注意が必要です。

つまり、「データ通信のみのタイプ」にするか「データ通信にSMS機能付きタイプ」にするか「通話機能があるタイプ」にするかは、事前に慎重に検討したほうが無難。

管理人は、いまはデータ通信のみの格安SIMを使っています。

モバイルWi-Fiルーター↓に挿入して利用中です!



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|